【京都の旅】亀岡にあるイギリスの風景、ドゥリムトン村へ行ってきた【フォトスポット】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回は、京都府亀岡市にある「ドゥリムトン村」へ行ってきました。 

亀岡の自然あふれる山にある、イギリスの田舎を再現したスポットです。 

日常から離れて、ヨーロッパにいるようなのどかな雰囲気を味わいたい… 

そんな方におすすめの場所です。 

ドゥリムトン村への道と入場方法 

JR亀岡駅からは遠く離れており、バスやタクシーでの移動になります。 

亀岡市ふるさとバスに乗り、「奥野」というバス停で下車。 


すぐ目の前に、池に囲まれた美しいドゥリムトン村が広がっています。

まず、ショップを兼ねた入り口でレストランでのご飯や飲み物を先に注文して、 

お支払いを済ませたあとに入場するシステムです。 


このショップもイギリスの雑貨屋のような雰囲気で、内装や商品を 

眺めているだけでもとても楽しめます。 

販売されている紅茶やお菓子も、可愛いものばかりでした。 

こちらは以前、ドゥリムトン村のお土産でいただいた茶葉缶。 

店内には、このようなアンティーク風の美しい商品がたくさん並んでいます。 

ドゥリムトン村の風景 

いざ村に足を踏み入れると、本当にイギリスの田舎を旅しているような

気分を味わうことができます。 

細部まで、本場の街並みが再現された村の景観。

ピーターラビットの世界を彷彿とさせます。 

レストラン内は撮影ができなかったのですが、こちらも英国風の素敵な内装

でした。アフタヌーンティーや、フィッシュアンドチップスなどを頂けます。 

外のテーブルでは、ワンちゃんと一緒に食事をしている方も。


飾られているアンティークな家具や雑貨もとてもおしゃれ。 

村全体、細かいところまでこだわりが感じられる造りです。 

メインのお店以外はディスプレイ用につくられた建物のようで、 

ドールハウスのような雰囲気が可愛らしいです。 

中を少し覗いてみると、小さな部屋のなかに服や雑貨が並べられていました。


奥にある建物は宿泊施設になっていて、貸切できるコテージがあるそうです。 

宿泊する人のみ行けるスポットもあるようで、ロマンを感じますね。 


露店では、アンティークなワンピースや食器、雑貨などが販売されています。



しばらく村を散策して、美しい景色をゆっくりと堪能させてもらいました。 

おわりに 

亀岡の豊かな自然にとけ込んでいる、ドゥリムトン村。 

いくつかのショップとレストラン、宿泊施設からなる小さな村ですが、 

イギリスらしさを追求したこだわりが伝わってくる、素敵な空間です。 

特別な世界観を存分に楽しむことができました。 

皆さんも、ぜひ訪ねてみてください。

 

名称    ドゥリムトン村 (DREAMTON Village)
住所    〒621-0124 京都府亀岡市西別院町柚原水汲12 
電話番号     0771-27-3004
公式サイト    http://dreamton.co.jp/



おまけ 

ドゥリムトン村へ向かう途中で寄った、「ガレリアかめおか」という

亀岡にある道の駅。 ガラス張りの近代的な建築が圧巻でした。 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*