【京都の猫】猫の店長とおいしい豆菓子の「船はしや総本店」【京都の食】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市中京区にある、豆菓子の老舗「船はしや総本店」。  

市内に複数店舗を構える、昔ながらの豆菓子屋さんです。 

このお店の魅力は、おいしい豆菓子と、代々愛されている「猫」の店長。

可愛い猫の店長に、会いに行ってきました。

「船はしや総本店」の場所 と外観

「船はしや総本店」は、京都御所の南側、寺町通りと二条通りの交差点近くにあるお店です。 

こちらがお店の外観。

長い歴史を感じる佇まいです。

最寄りの市バス駅は「河原町二条」、地下鉄は「京都市役所前」。

寺町通りはお食事処や文具屋など、様々なお店が立ち並んでいて、歩いているだけでも町の雰囲気を楽しめます。

店先のショーウィンドウには早速、猫の店長の気配を感じます。

「船はしや総本店」の豆菓子

猫店長はどこにいるんだろう…とはやる気持ちを抑えて、先に豆菓子を選ばせていただきます。

店内には色とりどりで味の種類も豊富な豆菓子が、所狭しと並んでいます。

お店の名物は、エンドウ豆に砂糖の衣掛けにした「五色豆」。

どれも美味しそうで迷ってしまいますが、今回は、歯ごたえの良いそら豆にウニを衣にした「うに豆」を購入しました。

家に帰ってさっそく食べてみたところ、塩味が効いていてとても美味しく、つい次々と手が伸びてしまいました。

「船はしや総本店」の猫たち

店員さんに猫ちゃんが居るかお伺いしたところ、裏のガレージに案内してくださりました。

ついに店長のシロちゃんとご対面です。車の下にエスケープ中でしたが、近付いてみると出てきてくれました。

人懐こくて、たくさん撫でさせてもらいました。ありがとう、シロちゃん。

てっきりお店にいるのはシロちゃんの一匹だけだと思っていたのですが、ガレージからお店に戻ると、フワフワした毛のフーちゃんも出迎えてくれました!

この子は撫でることはできなかったのですが、姿を見られただけでも嬉しかったです。二匹ともとても可愛いです。

猫の写真で有名な岩合光昭さんも、船はしや総本店さんに撮影に来られたそうですよ。

店員さんもお忙しい中、シロちゃんとフーちゃんの話をたくさん聞かせてくださって、猫ちゃんを大切にしている様子が伝わってきました。

先代の猫ちゃんの写真や、海外のお客さんから届いたエアメールが飾られています。

ショーウインドウを眺めていると、船はしや総本店さんの歴史を感じることができました。

おわりに

美味しい豆菓子と、愛されている猫の店長に会える「船はしや総本店」。

とても素敵なお店でした。ぜひ一度、行ってみてくださいね。

ちなみに、「船はしや総本店」から5分ほど北に上ったところにある「行願寺(革堂)」にも、猫ちゃんがのんびりと暮らしています。

よろしければ、以下の記事も覗いてみてください。

アクセス

名称    船はしや総本店
住所    〒604-0931 京都府京都市中京区榎木町67
電話番号     075-366-8933
営業時間  9時30分~18時00分
定休日   土曜日・日曜日
電話番号  075-231-4127
公式サイト http://www.goshikimame.co.jp/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*