【京都の食】京都で至高のミルフィーユを味わえる「ロトス 洋菓子店」【お持ち帰り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市下京区にある「ロトス 洋菓子店 / LOTUS」は、知る人ぞ知るケーキの名店です。 

今回は、どのケーキも素晴らしいと評判のロトスの中でも、特におすすめしたいミルフィーユについてご紹介します。 

ロトスの店舗の様子 

大通りから一本入った閑静な場所にあるロトスは、お持ち帰り専門のケーキ屋さんです。 

クラシカルな雰囲気の小さなお店で、混んでいる時には外で待機して順番に店内へ案内されます。 

店内はケーキのあるショーケースと焼き菓子コーナーに分かれています。 

人気のケーキは早いうちに売り切れてしまうこともあるので、お目当てのものがある場合は事前に予約をするか、お早めにお買い求めくださいね。 

「ムラングシャンティイキャラメル」というメレンゲのケーキも人気です。

季節の果物が使われているタルトやアップルパイはショーケースの上に並んでいます。

カシスやいちじくなど、珍しいジャムも売られていました。

お店の紙袋は淡いダスティピンクで特別感があり、持ち帰っている最中も楽しめますよ。 

ロトスの絶品ミルフィーユの紹介 

こちらがロトスの「ミルフイユ」。(480円) 

イチゴなどの入っていない、パイ生地とカスタードクリームのシンプルなミルフィーユです。 

ロトスのケーキは卵がふんだんに使われていて、卵の風味豊かなクリームが特徴的です。 

まるでビスケットのような見た目のパイ部分は、薄い生地が何層にも重なって厚みが出ています。サクサクと軽い口当たり。 

一口頬張るとすぐに卵やバターなど素材の味わいが広がってくる、パイ生地とクリームのバランスが抜群なケーキです。サイズが大きめなので食べ応えも十分でした。 

シンプルながら洗練された味で、個人的には今まで食べてきたミルフィーユの中でもトップレベルの美味しさです。

今回はミルフィーユと一緒に、評判の良いエクレアを買いました。(310円) 

ロトスのエクレアは生クリームやカスタードではなく、珍しいキャラメルクリームが使われています。 

ソフトでしっとりした食感の生地の上にはキャラメルがコーティングされていて、中のキャラメルクリームとの違いを楽しむことができます。 

甘すぎず、食べ終わるとキャラメルのほろ苦さが残るビターな味わい。 

大人の方におすすめしたいエクレアです。 

おわりに 

今回ご紹介したロトスのミルフィーユは、本当におすすめの一品です。 

パイ系のケーキが好きな方は、機会があればぜひご賞味ください。 

そして、ロトスといえば卵の風味豊かな「たまごのショートケーキ」をはじめとして美味しいケーキが揃っています。 

ぜひ一度、ロトスへ行ってみてくださいね。 

ロトスへのアクセス 

ロトスの最寄り駅は地下鉄「四条駅」または「五条駅」、阪急「烏丸駅」です。

市バスの場合は「烏丸松原」で下車、徒歩3分ほど。

烏丸松原にあるコメダ珈琲を目印に東に入り、一つ目の道を左折すると「平等寺(因幡堂)」が見えます。

右折するとすぐ、因幡堂の南東にあるロトスに到着です。

名称    ロトス 洋菓子店 / LOTUS  
住所    〒600-8415 京都府京都市下京区因幡堂町699
パインオークサーティーン 1F  
電話番号     075-353-2050 
営業時間  12時00分~19時00分 
定休日   日曜日・月曜日 
公式サイト https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Dessert-Shop/%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%B9%E6%B4%8B%E8%8F%93%E5%AD%90%E5%BA%97-487120274672238/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*