【京都の食】昔ながらの洋食屋 キッチンゴンの名物「ピネライス」【レストラン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市内に複数の店舗を持つ「キッチンゴン」は、創業50年にもなる洋食屋です。 

看板メニューの「ピネライス」は、チャーハンとトンカツとカレーがワンプレートに集まった、まるでお子様ランチのように夢のあるメニュー。 

今回は、名物「ピネライス」についてご紹介します。 

キッチンゴンの場所と外観

キッチンゴンは、上京区の「西陣店」、烏丸御池の「六角店」、そして京都駅中央口周辺の「京都駅ビル」店があります。 

今回は「西陣店」に行ってきました。 二条城の北側、下立売通りの住宅街に位置しています。

自転車で行ったところ、お店の反対側にある郵便ポスト横に停めるように案内されました。 

車でお越しの際は、お店の近くにある提携のコインパーキングをご利用ください。一定金額以上飲食すると駐車券がもらえるとのことです。 

看板のロゴマークにあるコックさんが可愛らしいです。 

キッチンゴンの店内の様子 

「昔ながらの洋食屋さん」という雰囲気の、木造の落ち着く店内です。

カウンター席には、常連らしきお客さんが多い印象でした。

お昼前に行ったところ、徐々にお客さんが増えていて、帰り際には店内は大勢のお客さんで賑わっていました。 

回転率は高い様子でしたが、予約してから行くことをおすすめします。 

テーブル席は四卓あります。 

壁際には芸能人のサインが飾ってありました。

子ども用のイスや食器、オモチャまで揃っていたので、お子さま連れの方も安心だと思います。

キッチンゴンの名物「ピネライス」 

看板メニューのピネライスは、チャーハンのうえに薄切りのトンカツを乗せ、特性のカレーソースまたはデミソースが掛けられた一品。 

今回は並サイズと小サイズを選びました。どちらにもサラダとポタージュスープが付いています。 

ちなみに、料金は並も小も一緒でした。 



デミソースの並サイズ。 なかなかボリューム感がありました。

並サイズはワンプレートの中にサラダが添えられています。 

カレーソースの小サイズ。小サイズでも十分な満足感だったので、小食な方はこちらがおすすめですよ。

小サイズの場合は、サラダは別添えになっています。 

カレー×チャーハン×トンカツという、スタミナ飯の組み合わせですが、濃厚な味わいでもまとまりがあって食べやすいです。 

パラパラのチャーハンと薄切りのトンカツに、濃い目のソースがマッチしていました。 

ピネライスの中にも種類があって、「赤ピネライス(ケチャップライス+トンカツ+デミソース)」や「ガーリックピネライス(ガーリックライス+トンカツ+カレー)」など、さまざまな味を楽しむことができますよ。 

子どもから大人まで、どの年代の方にも楽しめる味だと思います。

名物の調味料?「サラダスパイス」
 

そして、キッチンゴンといえば、サラダとスープにかかっている「サラダスパイス」という調味料もポイント。 

他ではなかなか見ない珍しいスパイスですが、その名の通りサラダにぴったりな風味です。 

各テーブルに備え付けられているので、お好みで使ってみてください。

テイクアウトメニューも充実 

キッチンゴンはテイクアウトメニューも充実しているので、ご自宅でもピネライスの味を楽しむことができます。

こちらがメニュー表。

定番のピネライスはもちろん、ハンバーグステーキやオムライスなどの単品料理も豊富に揃っています。

午前11時から午後21時半までやっているので、ランチやディナーにご活用ください。


おわりに 

今回は、半世紀も愛され続ける京都の洋食屋「キッチンゴン」のピネライスを紹介しました。 

リーズナブルかつ、満足感のあるボリュームのピネライス。 何度でも食べたくなってしまう美味しさです。

気軽に楽しめる洋食をお探しのときには、ぜひキッチンゴンに行ってみてくださいね。 


名称    キッチンゴン 西陣店
住所    〒602-8104 京都府京都市上京区浮田町613
電話番号     075-801-7563
営業時間  平日 11時00分~14時30分, 17時00分~21時30分
      土日 11時00分~21時30分

定休日   水曜日
公式サイト https://kitchen-gon.com/foodmenu/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*