【京都のお店】鉱物や動植物の美しさを堪能できる、ウサギノネドコのミセ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市中京区にある「ウサギノネドコ」は、「自然の造形物」を扱うお店です。

「ヤド」「ミセ」「カフェ」が複合していて、「ミセ」では鉱物や植物、そしてウニの骨などの標本が展示販売されています。

「ウサギノネドコ」(ミセ)の外観

御池通りに面するウサギノネドコは、町家風の趣きがある建物です。

そして、右隣にある建物の一階が「カフェ」、二階が「ヤド」となっています。

店外のディスプレイにも、鉱物や動植物の標本が並んでいました。

まるでファンタジーの世界のように、カラフルな石が標本になっています。

「ウサギノネドコ」(ミセ)の店内の様子

木造建築の店内は、どこか懐かしさを感じる雰囲気です。

外から注ぐ自然光と、店内の優しい照明で、とても居心地の良い空間でした。

標本だけでなく、鉱物や動植物に関係する本やポストカード、アクセサリーなども販売されています。

「ウサギノネドコ」(ミセ)の見所をご紹介

1.「自然」にまつわる魅力的な展示会

動物や植物、鉱物や菌類など、自然にまつわるイベントが開催されています。

今回訪れた際には、「石と色展」という、鉱物の色に着目した展示会が行われていました。

色とりどりの鉱物がきれいに並んでいて、思わず見入ってしまいます。

自然に造られたのにこれほど鮮やかな色になるのだと、不思議な気持ちになりました。

鉱物をモチーフにした絵のポスターやポストカードも販売されていました。

2.オリジナル製品の「標本プロダクツ」

ウサギノネドコの人気商品である、植物の美を宿した立体図鑑「Sola cube」。

 透明なアクリルの中に、本物の植物の種や実、花などが閉じ込められています。

店外のディスプレイにも、Sola cubeが並んでいました。

たんぽぽの綿毛のSola cubeはとても有名なので、見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

様々な種類の美しい花や種子がクリアキューブの中に閉じ込められていて、無機物と有機物のコントラストが魅力的。

お店の欄間にも、Sola cubeが市松模様のように並んでいます。

和風の建築との相性も良く、インテリアにぴったりな製品ですね。

3.ウニの骨格標本を、光に照らして観察できる

ウサギノネドコで有名な製品といえば、Sola cubeと「ウニ」の骨。

海にいるトゲトゲしたウニの骨は、予想外に丸くて美しい形でした。

店の奥側にあるウニのコーナーでは、様々な種類のウニの骨格が飾られています。

中心にはライトが置いてあり、ウニの骨をそこへ重ねてみると、まるでランプシェードのようになりました。

ウニの種類によっても模様や形、光り方が異なっていて、とても面白いです。

草間彌生さんのカボチャのオブジェのようでした。

4.不思議な鉱物に触れることも、購入も可能

ウサギノネドコに飾られている鉱物は、なんと触れることも購入も可能。

お気に入りの一品に出会えたら、そのままお持ち帰りもできますよ。

ウサギノネドコで見かけた、ユニークで美しい鉱物をいくつか紹介します。

まるで風景がそのまま石に閉じ込められたかのような、ガーデンクォーツ。

白くて丸い、珪乳石(けいにゅうせき)。

持ち心地の良さそうな見た目で、手に持つとリラックスできそうです。

飴玉のような見た目の、ゴビアゲートと蛍石。食べてみたくなります。

深い青色が美しい、ラピスラズリ。

ジブリが好きな方なら、なじみのある石ではないでしょうか?

5.その他

上記で紹介した製品以外にも、魅力的なものがたくさんあります。

こちらはSola cubeではなく、ガラスに植物を封入した美しい作品。

植物をガラスに挟んで焼成し、真っ白な灰として植物の形が残っているそうです。

そしてこちらは、棚の上の方にあった不思議な卵。

ロビンという鳥の卵が青いと聞いたことはありますが、林檎くらいの大きさの卵でした。何の鳥の卵なのでしょうか?

レジ前では、ASMRの動画で人気の「こうぶつヲカシ」という琥珀糖や、鉱物を照らす紫外線ライトなども販売されていました。

「ウサギノネドコ」の場所・アクセス

名称    ウサギノネドコ (ミセ)
住所    〒604-8432 京都府京都市中京区西ノ京南原町37
電話番号     075-366-8933
営業時間  11時00分~18時30分 
定休日   木曜日
公式サイト https://usaginonedoko.net/

おわりに

ハイセンスでユニークなお店、ウサギノネドコ。いかがでしたでしょうか?

珍しい品々が揃っていて、どれも欲しくなってしまいます。

鉱物や植物に興味がある方や、一風変わった京都観光をしたい方は、ぜひ一度行ってみてくださいね。

今度はウサギノネドコのカフェで、鉱物スイーツを食べてみたいです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*