【京都の食】モツとミニトマトの独特なラーメン「名前のないラーメン屋」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都には、一乗寺のラーメンストリートや京都駅の拉麺小路など、ラーメンの名店が数多くあります。

中でも、河原町三条の近くにある「名前のないラーメン屋」は、知る人ぞ知る、隠れ家的なラーメン屋。

一度は味わってほしい、モツとミニトマトが特徴的な「つけ麺」について紹介します。

「名前のないラーメン屋」の場所と外観

「名前のないラーメン屋」は、京都市中京区の高瀬川沿いにあります。

名前のない、という通り、看板などは出ていませんが、「CEO木屋町ビル」の地下1階にあります。ビルの看板でも「B」は空白になっていました。

外の階段を降りた先に、お店があります。

「名前のないラーメン屋」の店内の様子とメニュー

階段を下りて店内に入ると、外側からは想像できない、まさに隠れ家のような空間が広がっています。

コンクリート造りの店内には、存在感のある植物が植えられていて、おしゃれな雰囲気です。

営業時間は、昼が「11時30分~15時00分」、夜が「18時00分~22時00分」。

休日のラストオーダーのギリギリの時間に行ったところ、店内は満席で、数組が待っている状況でした。

タッチパネルで先に注文・発券するシステムです。

今回は人気の「モツラーメン」を注文しました。

いよいよ席に通されると、テーブル周辺のおしゃれさに驚きました。

引き出しの中にカトラリーが揃っていて、ガラムマサラや山椒などの調味料も入っています。

座席はカウンター一列のみで、テーブル席はありません。

お手洗いは、出口から店外に出て、階段を降りたところにあります。

「名前のないラーメン屋」のモツラーメン

こちらが人気メニューの「モツラーメン」。モツのつけ麺もあります。

ミニトマトの赤色がアクセントになっている、ユニークな見た目です。

ラーメンの具材としては珍しいモツは、とても柔らかく、炭火の香ばしい風味を感じます。スープは魚介系。

お店の雰囲気と合っている洗練された味で、こってり派もあっさり派も満足の美味しさです。

おわりに

モツとミニトマトという、ユニークな具材のラーメンを堪能できる「名前のないラーメン屋」。

京都で美味しいラーメン屋を探している方は、ぜひ一度、味わってみてください。

名称(仮) 名前のないラーメン屋
住所    〒604-8005 京都府京都市中京区恵比須町534−31
電話番号     075-366-8933
営業時間  11時30分~15時00分, 18時00分~22時00分

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*