【京都の食】山田製油でおすすめ調味料・ごま商品の紹介【お持ち帰り】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「山田製油」は京都市西京区桂にあり、知る人ぞ知る

本当においしいごま油の専門店です。 

普段使いにはもちろん、お土産にも喜ばれる、山田製油の

商品を紹介します。 

山田製油の場所 

最寄り駅の阪急桂駅から、徒歩10分ほど。 

京都市バスの場合は、上桂前田町または千代原口が最寄りです。 

こちらがお店の外観。 

本店のすぐ隣には山田製油のごまを使ったイタリアンのお店が併設されて 

いるので、和洋折衷な雰囲気。 

烏丸御池には、系列店の「ゴマクロサロン」というカフェもあります。 

月・水・金の天気の良い日には「軒先deマルシェ」という市場が 

開催されているとのこと。 

ごまを使ったスイーツやお総菜、無農薬野菜などさまざまなものが 

売られているとのことで、マルシェでしか買えない商品もあるようです。

 

店内にはたくさんのごま製品が並んでおり、目移りしてしまいます。 

カーペットはごま柄でしょうか・・? 


お店のポスターに書いてあったのですが、漢方の世界で 

「白ごまは血液の流れを良くする」と言われているようです。 

ごまは、健康の改善にもぴったりなんですね。 


なんと本格的なすり鉢も売っていました。 

自宅で本格的なすりごまを味わえるのは魅力的です。 

ほかには贈答用のセットなどもありました。 

ごま油だけでも何種類かあるのでどれを買うか迷ってしまいましたが、 

定番の「一番絞りごま油」を選んでみました。 

ごまのお菓子コーナーには、ごま菓子、クッキー、グラノーラなど。 

今回は棚に見当たりませんでしたが、ごまのタルトや黒ごまプリンなども 

あるらしいです。 

ガラスのデザインが「山田」という形になっていて素敵だと喋っていると、 

店員さんに、実は商品棚も「山田」の形になっていると教えてもらいました。 

ちなみに、「山田」は鏡文字なので、隣のイタリアンのお店側からも 

同じデザインに見えるそうです。 

ポスターに隠れていますが、棚が「山田」の形になっています。

商品の紹介 

今回買った商品は、「一番絞りごま油」「ごまらあ油」、

「ごまクッキー」、「炒りごま」です。おまけで「すりごま」も頂きました。


一番搾りごま油

「一番搾りごま油」は、ふたを開けた途端にごまの良い香りが広がります。 

普段よく食べる塩鮭や塩サバをこちらのごま油で焼いてみると 

まるでひと手間かけたような、奥行きのある味になりました。 

納豆に足したり、サラダに回しがけたりと、使い勝手も抜群です。 


ごまらあ油

「ごまらあ油」は辛さもありつつ旨味を感じる、味わい深いラー油です。 

ラー油の辛さが苦手という方にもぜひ味わってほしい一品。 

餃子のタレと混ぜて食べると、市販の冷凍餃子にも一気に旨みが増します。 


ごまクッキー

ごまクッキーは、一口サイズのクッキーの中に、これでもかというほど 

ふんだんにごまが使われている、香り豊かなクッキーでした。 

個人的には、今まで食べたごまクッキーの中でいちばんおいしかったです! 

グルテンフリーなので、アレルギーをお持ちの方やダイエット中の方にも 

おすすめしたい、ヘルシーなお菓子です。 

ごまがたくさん練りこまれています


炒りごま・すりごま

香ばしい風味とコクのある炒りごまとすりごまは、それだけで

おやつになってしまうくらい、味がしっかりしていました。

料理の主役にも引き立て役にもなってくれる、万能な食材です。

おわりに 

「山田製油」のごま製品、いかがでしたでしょうか? 

ごま好きな方には心からおすすめしたいものばかりでした。 


お店の公式サイトの説明文も、ごまへの情熱と愛情を感じます。 

ごまやごま油を使ったレシピなど、お役立ち情報もありますよ。 

公式の通販もありますので、覗いてみてくださいね。 


私自身も、おみやげを買うときの鉄板商品に出会えて大満足でした。 

とてもおいしいので、お土産にも喜ばれると思います。 

ぜひ一度、味わってみてください。 

本店で販売している、京都の美山で育った地鶏のたまごも人気です

名称    山田製油(やまだせいゆ)
住所    〒615-8075 京都府京都市西京区桂巽町4
電話番号     0120-157-508 
公式サイト    https://www.henko.co.jp/
営業時間  10時00分~19時00分 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*