【京都の旅】美しい竹の庭園、「洛西竹林公園」と「竹の資料館」の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市西京区にある、「洛西竹林公園」と「竹の資料館」に行ってきました。 

ゆっくりと日本庭園を楽しみたい、京都らしい写真をじっくり撮りたい、 

そんな方におすすめの穴場のスポットです。 

竹林公園への道順

西京区は竹の名産地として知られており、町中のあらゆるところに竹林を見かけます。 

家々の隙間にまで、立派な竹林が顔を覗かせていました。 

京都市バスの「南福西町」というバス停で降りると、すぐそばに竹林公園への案内図が書かれた看板が立っています。 

案内図の通りに住宅街の間を抜けて、階段を登ると到着です。 

入口の様子。竹の存在感が伝わってきます。 

ユニークな竹類や植物

入口から資料館にたどり着くまでの5分間だけでも、今までに

見たことのないほど たくさんの竹の種類を目にしました。 


中でもインパクトがあった、「キッコウチク」という竹。 

その名の通り、亀の甲羅のようなユニークな形をしています。 

あざやかな橙色のノウゼンカズラ。竹とマッチしています。 

資料館の様子


こちらが資料館。館内は一面、竹関連の展示が並んでいます。 

和風の建築。竹製のベンチが素敵です。

資料館のスタッフさんが、竹に関する豆知識を教えてくれます。

かぐや姫と竹の関係性や、竹の太さの秘密など・・・

面白い話ばかりなので、ぜひ直接聞いてみてほしいです。

「応仁の乱」発端の橋

庭園に入るとすぐに、「百々橋」(どどばし)という石橋が見えてきます。 

この橋はなんと、「応仁の乱」の発端となった橋です。

戦国時代に、この百々橋をはさんで合戦が行われたそうです。

池には緋鯉が泳いでいて風流です。 

カエルやおたまじゃくしも顔を覗かせていました。

美しい石畳の道

庭園の中でも、とりわけ石畳の道が素敵で、歩いていると心が落ち着きます。 

丁度この時、竹の間から木漏れ日が差し込んで、光の道ができていました。 

和装姿での撮影にもおすすめしたいスポットです。 



次のページへ続きます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*