【京都の食】粟餅所・澤屋/宇治茶のかき氷【カフェ・喫茶】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市上京区の北野天満宮周辺には、おいしいかき氷のお店が二軒あります。 

フルーツのかき氷で有名な「古の花」と、宇治茶のかき氷が人気の「粟餅所・澤屋」。 

今回は、「粟餅所・澤屋」のかき氷についてご紹介します。 

「粟餅所・澤屋」の場所と外観 

最寄り駅は嵐電「北野白梅町」駅。 

北野白梅町の交差点を東に5分ほど進み、北野天満宮の南西側(北野天満宮と反対側の通り)に粟餅所・澤屋があります。 

休日の昼過ぎに訪ねた時には、数組の待機列ができていました。 

長く待つようだったら日を改めようかとも思いましたが、回転率が高いようで、すぐに通してもらえました。 

お店の軒先では、持ち帰りの和菓子も販売しています。 

店内の様子 

歴史ある店内は、懐かしさを感じる雰囲気です。 座席は四卓でした。 

店員さんはテキパキと動いていて、活気があります。 

窓から見える赤い提灯と、朝顔が風流でした。

お品書きは壁に貼ってあります。

上段は粟餅のメニューで、下段はかき氷のメニュー。 

みぞれ氷など、昔ながらの和風なかき氷が揃っています。 

今回は「宇治氷」と「宇治金時氷」を注文しました。 

受付では、粟餅や飴も販売されています。

名物のかき氷 

こちらが宇治氷と、宇治金時氷。きれいな緑色です。 

見た目は一緒ですが、宇治金時には氷の下にあずきが入っています。

一口食べると、やさしい宇治茶の味が広がります。 

氷全体にしっかりとシロップが染み渡っているので、最後の一口まで美味しかったです。 

濃厚な味わいですが、苦味が少ない爽やかな甘さだったので、お茶のスイーツが苦手な方でも食べやすいのではないでしょうか。 

外の蒸し暑さを忘れて、至福のひと時を過ごすことができました。

ただ、せっかくなので名物の「粟餅」が入ったかき氷を選べば良かったな、と思いました。

次回行ったときの楽しみに取っておきます。 

おわりに 

今回は、「粟餅所・澤屋」のかき氷についてご紹介しました。 

北野天満宮へ観光に来られる際は、ぜひお立ち寄りください。 

落ち着く雰囲気の店内と、かき氷や粟餅の甘さで、歩き回って疲れた体も癒されますよ。 



おまけ 

旧暦の「七夕」にあたる8月には、「京の七夕」が開催されます。 

写真では遠目で分かりづらいですが、北野天満宮にも七夕の笹の葉が飾られていました。 



名称    粟餅所・澤屋(あわもちどころ・さわや)
住所    〒602-8384 京都府京都市上京区紙屋川町838−7 
電話番号     075-461-4517
営業時間  9時00分~17時00分
定休日   木曜日

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*