【京都の食】COCO KYOTOの本格的なカカオ・チョコレートを味わう【カフェ・喫茶】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市中京区にある「COCO KYOTO」は、オーガニックなチョコレートの専門店です。 

ノンシュガー・グルテンフリー・無添加食材にこだわられた、本格的なチョコレートを味わうことができる、COCO KYOTOについてご紹介します。 

COCO KYOTOへの行き方と外観 

最寄り駅は、地下鉄「西大路御池」駅または嵐電「西大路三条」駅。二つの駅の間にあります。 

西大路御池駅からは西大路通りを南へ、西大路三条駅からは北へ進むと、徒歩5分ほどで到着します。 

和洋折衷でシックな雰囲気の外観。西大路通りでもひと際目立っていました。 

紫色の看板に、カカオの実のようなフォントで書かれた店名がおしゃれです。 

そしてなんと、チョコレートの国際大会に連続入賞していると書かれていました。 

こちらがカフェのメニュー表です。 

カカオ由来のドリンクやチョコレートづくしのパフェ、カカオから作られたかき氷など、どれもおいしそうで迷ってしまいます。 

COCO KYOTOの内装と商品 

店内は広々としていて、魅力的なチョコレートがずらりと並んでいます。 

カフェ利用の場合は、先に受付で注文と支払いを済ませるシステムでした。 

こちらがチョコレートのディスプレイ。 

丹波産の白ワインなど、京都の食材を使われています。 

チョコレート以外のコーナーには、糖質制限スイーツが並んでいます。 

ケーキなどもグルテンフリーなので、小麦粉アレルギーの方やダイエットなどで小麦粉を控えている方も安心して食べられますね。 

入店してすぐ右手には、色々なカカオを楽しむことができる、こだわりのアイスクリームコーナーもあります。 

アイスクリームだけでなく、カカオフルーツのソルベという一風変わった商品もありました。 

カフェの様子とカフェメニューの実食 

カフェは、店内の奥にあります。高級感のある、落ち着いた雰囲気です。 

座席の壁面にある、木製の世界地図や飾られている絵画も素敵でした。 

なんと、三種類もの天然甘味料が並んでいました。 徹底したノンシュガーへのこだわりを感じます。 

ラカント、アガベシュガー、ラカンカの三種類があり、甘さの指数も表示されています。 

今回は、「シュー・ア・ラ・クレーム」「オーガニックコーヒー」「カカオフルーツジュース」を注文しました。 

「シュー・ア・ラ・クレーム」は、チョコレートが練り込まれたクッキーシューの生地に、絞りたてのチョコカスタードクリームが入っています。 

繊細なデコレーションが可愛くて、食べるのがもったいないくらいでした。 

サクサクのシュー生地と濃厚なクリームがマッチしていて、チョコレートのおいしさを存分に堪能できます。 

白砂糖が使われていないとは思えないほど甘くて、一個だけでも満足感がありました。 

オーガニックコーヒーは口当たりがよく、程よい苦味と酸味があります。 

甘いものを食べている時にぴったりな味わいのコーヒーでした。 

上記で紹介した天然甘味料を足すと、自分好みの味を楽しむことができますよ。 

写真左下の白いジュースが、カカオフルーツジュースです。 

「希少価値の高いカカオの”白い果実”で作った、梨のようなすっきりとした優しい甘み」という紹介文に惹かれました。 

カカオ豆というのは実は種の部分で、その周りを覆う白い果実を使用したのが、こちらのジュース。 舌触りがなめらかで、爽やかな味わい。 

「カカオといえばチョコレート」というイメージが覆されるドリンクでした。 

おわりに 

カカオとチョコレートのおいしさを存分に楽しむことができる「 COCO KYOTO 」。 

プレゼントやバレンタインデーの贈り物としても、喜ばれると思います。 

個人的にも、とても良いお店を知ることができて大満足でした。 

ぜひ一度、訪ねてみてくださいね。 

名称    COCO KYOTO (ココ キョウト) 本店
住所    〒604-8435 京都府京都市中京区西ノ京三条坊町15-3
電話番号     075-874-4870
営業時間  11時00分~19時00分
定休日   火曜日
公式サイト https://coco-cacao.jp/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*