【京都の猫】猫と自然に癒される神社、梅宮大社へ参拝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


京都市右京区梅津にある、梅宮大社へ行ってきました。 

その名の通り「梅の名所」として知られており、春先には美しい梅が咲き誇ります。 

今回は、そんな梅宮大社の楽しみ方と、おすすめポイントを紹介します。



梅宮大社の外観

朱塗りの美しい鳥居が正面側。

東側には石製の鳥居があります。

境内の様子


境内中央にある拝殿には、新年の絵馬が飾られています。 

干支の動物と梅の組み合わせが可愛らしいです。 

ちなみに、社務所のそばには猫の絵馬も飾られていました。



酒造守護の御利益がある、梅宮大社。 

楼門や社務所のそばに、たくさんの酒樽が並んでいます。 

たまに酒樽の上でくつろぐ猫ちゃんの姿が見られます・・・ 

梅宮大社の御利益

梅宮大社は酒造のほかにも多くの御利益があり、なかでも 

子宝・安産の御利益があることで有名です。 

本殿の表側には絵馬がたくさん飾られており、安産祈願や安産の御礼、 

子どもの成長を祈願する言葉が記されています。 


特製のお神酒

こちらはお神酒の梅酒。350円でした。 

梅宮大社で採れる梅が使われており、梅の実まで美味しく頂けます。 

パッケージにあしらわれた梅のイラストが素敵です。 


梅酒のほかに、佐々木蔵之介さんのご実家の「佐々木酒造」さんで造られている、地酒も販売されています。 

まれに、梅宮大社で採れた梅の実を使った梅干しが販売されていることも。 



梅宮大社の猫たち

社務所の横では、のんびり過ごす猫の姿が見られます。 

ここは猫がいる神社としても知られており、猫たちに癒される人々の姿も。 

おみくじの箱の上に寝ころんでいたり、軒先を優雅に歩いていたり・・・ 

以前参拝した際、親切な猫好きの方に、猫たちの名前を教えてもらいました。 

猫の写真で有名な岩合光昭さんが、梅宮大社の猫の撮影に来たこともあるそうです。 

大切に育てられているようです。みんな、元気でいてね。

神苑の様子


神苑には500本あまりの梅の木が植えられています。 

梅をはじめ、桜、花しょうぶ、紫陽花、紅葉・・・ 

 四季折々の美しい自然を楽しめます。 

春先に入苑したときの写真でご紹介します。

たくさんの植物に囲まれた咲耶池は、ゆったりと散策できて心が安らぎます。 

池に架けられた石橋を渡ると、鯉が泳いでる様子を見ることができます。 

おわりに

帰り際に、梅宮大社の猫ちゃんの写真を一枚購入しました。 

こちらも社務所で販売されています。お土産にいかがでしょうか? 


自然にも猫にも癒される、見どころの多い梅宮大社。 

時間がゆっくりと流れるような、優しい雰囲気の神社です。 

ぜひ一度訪れてみてくださいね。 


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*