【京都の猫】猫が住職の不思議なお寺?猫猫寺へ参拝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都市左京区八瀬にある、「猫猫寺」(にゃんにゃんじ)へ行ってきました。 

本当にお寺なの?と、不思議に思う名前ですね。 

猫が好きな方にはぜひ訪ねてみてほしい、猫猫寺をご紹介します。 

猫猫寺の場所

初めて猫猫寺を見かけたのは、京都バスで大原三千院へ向かう途中の道。 

ふと看板を見てみると…「猫猫寺」という、とても印象的な名前のお寺。 

大原観光の最中も猫猫寺のことが気がかりで、帰り際に寄ってみようと決めました。 


京都バスで、神子ヶ渕(みこがふち)というバス停で下車。 

すぐそばには高野川が流れている、空気のきれいな場所でした。 

少し歩くとすぐに、おもむきのある古民家のような建物が見えてきます。 

お庭には、猫の置物が点々と飾られています。

とにかく猫づくしの世界観

一たび猫猫寺に足を踏み入れると、不思議な世界が広がっていました。 

屋内には、♪にゃ~ん~にゃ~ん~じ~(にゃにゃ!)…という、

耳に残るBGMが流れています。


入口ではハンドメイド作品がたくさん飾られていて、どの作品も猫づくし。

 

公式HPでの説明によりますと、猫猫寺は 

「猫」をご本尊とした世界初の本格的寺院型テーマパーク 

とのこと。 

案内してくださる女性の方も、参拝者(?)の方も、 

猫が好きでたまらない、という雰囲気の方ばかりでした。 

猫の仏様?

「寺院型」という通り、本当のお寺のように、お仏壇には

大日猫来(だいにちにゃらい)様が祀られています。
 

初めて「大日猫来」というフレーズを聞いたときは衝撃を受けたのですが、 

実際に猫来様を一目見てみると、立派なお姿に感動します。 

御本尊から仏具まで、とても精巧につくられていて…猫への愛を感じます。

猫住職さんに会いました

この猫猫寺には、なんと猫の住職さんがお勤めに来られます。 

きちんと猫仕様の袈裟まで着ていて、とても可愛い…

大日猫来のもとでお勤めする様子。読経しているんでしょうか? 

小雪ちゃんという住職さんだそうです。名刺もいただきました。 


住職のほかにも、なんと法衣姿の見習いの子までいました。

この子は四角い瞳がとてもチャーミング。ちゅーるをあげさせてもらいました。 


次のページへ続きます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*